仕事を効率良く進めていく、うまいやり方!

集中力は鍵になります。

仕事の内容にもよりますが、オフィスワークなら集中力は命ですね。神経疲労や眼精疲労は必ずといって言いほど、伴うのはストレスでしょう。連日、残業が続いてしまうと、かなりストレスですから、なんらかの対策は必要ですね。実はちょっとしたやり方で、神経が疲れにくくなるやり方があるのです。それは「余計な事に神経を使わない事」です。人は神経をあれやこれやと使いがちで、ちょっとした事に凄い神経を使ってしまうことがあります。仕事に完全に集中することは必要ですよ。

神経を仕事に傾注していく。

「余計な神経を使わない」ようにするには、実は難しい事なのですね。他人の目線や評価を気にしてしまう人は多いですが、どうやって、他人の目線や評価をあまり気にしないようにするか、アクションしていきたいところです。精神に余裕を持たせるという事は、仕事に余裕を持たせるという事なんですよ。極力、仕事に集中していくようにしていけば、余計な神経を使う事がなくなります。仕事ではなく、人間関係に気を使い過ぎて、仕事にミスした時は怖いですね。

集中力をあげていくやり方。

集中力を上げるには、視野を狭くする事ですね。人は職場で他人や同僚を意識しがちですが、考える幅や見る対象を限定する事で、視野は狭くなります。そこで「考える幅、見る対象」を限定したら、「それ」以外は考えないと良いでしょう。幅を限定的にすると、それ以外の事は考えないようにしようとする、心理的な働きがあらわれます。挨拶、最低限の会話、仕事をこなしていくというパターンにすると、余計な神経を自分から使わなくなります。自ら壁を作るのも良いでしょう。

ワークフローとは業務活動において基本的な手続きの手順などを規定化することで、業務が円滑に行われるようにすることです。