プライバシーが流出?もしも重要書類を忘れてしまったら…

電車の中での忘れ物!

会社での仕事の中では外回りなんていう場合もよくあります。そうした時には重要な書類だったり、データを入れたフラッシュドライブだったりを持ち歩くこともありますよね。重要な書類やデータは、まさにプライバシーと言えるものなんですが、乗り継ぎや電車を降りる際に置き忘れてしまうことも考えられます。忘れてしまうのは注意力が足らないとか、慌てて移動したりするところにも原因があるはずです。治安の良い交通機関を使える日本にいるからといって安心しているのも事実でしょうが、あまり無防備過ぎると盗難なんていう犯罪にも遭うかもしれませんよ。

会社へ連絡しておくこと!

電車を降りた瞬間に忘れ物に気付いたなら、まずは下りた駅の駅員に連絡してみましょう。乗っていた路線や何番目の車両で忘れたのかを正確に伝えることができれば、次の駅で忘れ物を回収してもらえる可能性もあります。忘れ物に気が付くのが遅れてしまった場合は、誤魔化そうとせずに正直に会社に連絡するべきですよ。重要なデータほど情報漏洩の可能性があるなら、一秒でも早く上司に連絡するというのが、どの企業でもルールになっていますからね。

忘れ物の防ぎ方とは…

忘れ物はうっかりやってしまうものです。しかし、そんなうっかりミスがプライバシーの流出に繋がる原因にもなるんです。忘れ物は本人の不注意によるものが大半ですので、忘れないようにメモを取るとか、時間に遅れても大丈夫なくらい早めに移動することで、慌てないようにすることも大事ですよ。そもそも忘れ物が多いという人は、重要な書類を持たない方がいいでしょう。どうしても持ち歩かなければならない時は、しっかりした部下に持たせておくというのも対処法になりますよ。

機密文書は主に金庫に入れて保管されています。とても重要な場合は、二重にした特別な金庫に入れることも多いです。